イズミル缶の中身

2017年5月。帝都劇場で「ミュージカル 王家の紋章」を観てきました。
そのおみやげに買ったのが「イズミル缶」(下の写真)。

うらやましかろ?

うらやましかろー!?

劇場で購入した時は他にもグッズがあったから、ああ買えたなって感じでそんなに嬉しくなかったのですが(なんだと)、帰ってきて眺めるたびに「いいわー」とニソニソしています。

さて、ミュージカルはどうだったかと言うと。
なにを置いても、衣装の再現性の高さに驚きました!
あの王家の紋章のゴージャスな衣装(立ち姿)が立体になって動き回るという!
なんと目に贅沢なひとときか・・・・っ!
そして、女王アイシス(濱田めぐみ)が大変美しかったです・・・
ミタムンを殺して「あぁ、見られたか」と太く淡々とつぶやくところがたまらない。今でも耳に残っています。
当たり前かもしれませんが、どの役者も表情豊かに演技されていて、キスシーンなんか「わ!」って声を出しそうになりました。何回も見に来ているらしい人はオペラグラスでがっつり観てましたっけ。

客の9割超が女性だったので、休憩時間はどこのトイレにも長蛇の列ができて大変でしたが、会場に居る間はずっと「この人達のほとんどが王家の紋章を好きなのね・・・」と嬉しかったです。

それにしても・・・
かなわぬ恋に身もだえるイズミル王子を見ていると、スッキリするような満たされるような、なんとも表現できないストレスが消えていく感覚になるのはなぜなんでしょうね。

また一巻から読み直そう。

関連記事

  1. 老舗旅館で伝説の一冊を発見
  2. 長崎っていいな
  3. 名古屋コミティア サークル参加レポート
  4. 田縣神社で商売繁盛祈願
  5. 凹凸そろってお参り完了!
  6. 10周年記念のLC展開催おめでとうございます

PickUp! お部長と平田

PAGE TOP