クリスタでブラシを登録する

00_illust

上は登録したブラシで描いたもの。
ブラシで描かれているのは、雪と耳アテのモコモコです。

01

ここから下は、CLIP STUDIO PAINT でブラシを登録・設定する方法の覚え書きです。(Macの場合)

1. まず、ブラシにしたい素材を登録します。

ブラシにしたい素材を開いて、素材パレットの左上にある小さいプルダウンメニューをドロップダウンして「画像を素材として登録」を選択

02

  POINT >>  このとき、レイヤーの表現色は「グレー」にしておくこと!

「グレー」にしておかないと、ブラシができて、よっしゃ使うぞって色を塗るときに、ブラックで塗られてしまって焦るよ。
登録時にレイヤーの表現色を「カラー」のままにしておくと、黒だろうが赤だろうが柄だろうが、登録時点の配色ごと素材だと認識されちゃうんだな。

02b

 

「素材プロパティ」ウインドウが現れるので「OK」して素材として登録する。
これでブラシ用の素材登録完了。

03

 

  POINT >>  OKすると「素材プロパティ」ウインドウが消えて、素材がどこにあるのか分かりにくい状態になる。
登録した素材は「素材」パレットにあるので、素材保存先に指定したところから探すべし。

04

 

2.ブラシとして使うには、さらにツールとして設定することが必要

ブラシを設定したいツールを選んで「サブツール」パレットの左上の小さいプルダウンメニュークリックして「カスタムサブツールの作成」を選択する。

05

06

「カスタムサブツールの作成」ウインドウが現れたら、もろもろを設定して「OK」する
さらに「サブツール詳細」ウインドウが立て続けに現れるので、「ブラシ先端」項目で「先端形状」の「素材」を選択

07

「ここをクリックして先端形状を登録してください」とあるところをクリックすると「素材」ウインドウが現れるから、先に登録しておいた素材を選べば、オリジナルブラシのできあがり!!

関連リンク:オリジナルブラシの作り方をおしえて/質問掲示板

 

関連記事

  1. 1時間で季節感あるヘッダーを用意する
  2. ComicStudioEX 4.0 と CLIP STUDIO …
  3. 文字づめしてセリフを華麗にする
  4. 素材と設定のためにバックアップしておくべきフォルダは・・・
  5. トーンより自在!ぽわぽわな乙女効果を描く

Pickup! おまけ4コマ

PAGE TOP