長崎っていいな

こんにちわ、海辺野ジョーです。先日の私は長崎のグラバー園前にある「長崎南山手8番館」で「龍馬珈琲」を飲んでおりました。

nagasaki_1

「長崎南山手8番館」で「龍馬珈琲」を注文すると、龍馬が生きていた時代の味に近い「幕末珈琲」をその当時使われていたであろう「日本初のマグカップ」で飲むことができます。

このマグカップ、店主のご実家の蔵にずっとワラに包まれて保管されていた19世紀前半当時の本物のマグカップです。正式名称は『伊万里焼赤絵コップ』。

nagasaki_2

飲み口のぐにゃぐにゃ感は私の写真撮影がへたくそだからではないのです。本当にぐにゃぐにゃなのです。

「幕末珈琲」はモカ。アラビカ種の中でも原種に近いと言われるティピカを焙煎し当時の味を再現しています。強めの酸味は好みが分かれるのだとか。

これが龍馬が飲んだ珈琲か・・・

と思いながらごくんごくん。・・・うん・・・私、龍馬ファンじゃないから珈琲が美味しいっていう以上の感慨が湧かない・・・けど、日本初のマグカップの口当たりを知って嬉しいな♥(そこかよ)結構土土しい口当たり(どんな)。

これを飲んだら軍艦島こと端島に上陸する予定です。

nagasaki_3

上陸してきました。

人間活動の始まりから終わりまで凝縮されているような廃墟の塊の島にずっと興味がありまして。今回大きさや特徴を体感してきました。

nagasaki_3b

写真を見せられたって「廃墟っていうか瓦礫を観て何が楽しいの」って思うだけかと思うので、これ一枚だけアップ。
手前の横になった分厚いコンクリートの塊は、台風時の波風に吹き飛ばされた島の堤防ともいえる外壁の一部です。・・・海が荒れると端島には上陸できない、と言われている根拠がこれです。人間なんてひとたまりもないですよね・・・

端島は予備知識なしでは何を見ていいのか分からない島です。

大浦天主堂下に真っ黒な看板で「軍艦島デジタルミュージアム」というのがあるので、そこで予備知識を入れてから見に行くことをおすすめします。

上陸した多くの人が複雑な「なにか」を感じるという端島。私もそれを肌で感じたくて、わざわざ端島上陸をメインに長崎までやってきたのでした。

軍艦島の外観を眺めて、上陸して、その「なにか」を体感できました。長崎旅行の目的達成。

そんな長崎旅行で一番嬉しかったのは、

nagasaki_4

造船中の豪華客船のドッグ間移動を目撃できたこと!

グラバー園で成功者とか支配者の気分になって港を眺めているときに「あの造船されているでっかい船に近づいてみたい」と悶々としていたので、

nagasaki_6

長崎港から端島に向かう途中でそれを見られた時の感動といったら!

nagasaki_4

でっけー!!でっけーよ!これが豪華客船なのか!

nagasaki_5

この豪華客船がどのくらいでっかいかと言うと「本島と島をつなぐ橋の下をぎりぎり通れるくらい」なんだそうです。

あと9ヶ月もしないうちに完成してドイツに納品されるんだそうで。これは第二号。同じ形の第一号はすでに納品されたそうな。

「いつか・・・いつかオレもお前に乗って世界を旅するぜ・・・」

と、新しい欲望が芽生えちゃって、ああ、長崎の良さってそこなんだと。

長崎には日常の些細なことなんてちっぽけなことだぜと感じさせられる刺激がいっぱいあるんですね。そしてそれらは広い世界とつながってると実感し続けていられるという。

繰り返す日常に囚われて自分の器が小さくなっちゃった時は、また長崎に来て器を見直すのいいかも・・・そんなに悪くないよ自分。がんばってるよね・・・そう思える港町なのかも。長崎。

長崎っていいな。

視野が狭くなったらまた来よう。

関連記事

  1. 田縣神社で商売繁盛祈願
  2. 凹凸そろってお参り完了!
  3. 老舗旅館で伝説の一冊を発見
  4. 紀伊勝浦にて。やっぱりスッキやねーん。
  5. 10周年記念のLC展開催おめでとうございます
  6. 名古屋コミティア サークル参加レポート

Pickup! おまけ4コマ

PAGE TOP